前へ
次へ

疲労感はお薬よりも入浴習慣でリセットを

血流の悪さは疲れやすくなったり疲労感が取れにくくなったり、不調を感じやすい大きな引き金です。
だるさのために頻繁に病院を受診しても根本的な解決がされなければ解決はしません。
お医者さんの中にも服用薬で血流を良くしたりする処方だけではなく、体を温めることをアドバイスくれる人もいます。
一時は良くなっても必ず医薬品には副作用があるので、疲労感の回復や血行の改善をお薬に頼るより、根本的な血流改善をする方が得策です。
そこですぐにでもできるのが毎日のバスタイムの見直しであり、シャワーだけで済ましていたなら浴槽に浸かるようにします。
シャワーは皮膚に刺激を与えますが、しっかりと湯船に浸かる方が全身の血行が良くなるためです。
お湯に浸かることで体温はじわじわと上昇をして発汗がありますし、心身のリラックス作用があるので血行も促進されて、新陳代謝は順調に高まります。
全身の巡りが良くなれば、体内の疲労物質やあらゆる不要な老廃物は、自然に外へ排出されるので、血行も改善されて疲労感も取れやすいです。

Page Top