前へ
次へ

慢性的な経過になりやすい脂漏性皮膚炎は皮膚科へ

新陳代謝の盛んな思春期を通り越して、30代以降の中年期に入ると頭皮に、これまで感じなかった変化を実感することが多いです。
頭皮にフケが急激に増えてきたり、眉毛や耳の裏側に鼻の両脇に赤みが出たり、細かい脂っぽい皮がこびりつくこともあります。
見た目の悪さはありますが、かゆみを伴うことはほとんどありません。
これらは皮膚の病気である脂漏性皮膚炎の代表的症状であり、自然に完治することはあまりないです。
症状が比較的軽いとフケ症や乾燥肌だと思い込むので、皮膚科を受診しようと思わない人も少なくはありません。
放置することでフケだまりのような頭皮になったり、脚の付け根やわきの下に全胸部など身体全体に、皮膚の剥がれた脂っぽいものがこびりつく、赤い円形の斑が生じることもありますので油断はできないです。
皮脂の分泌が盛んな部分の脂漏部位にこうした症状は出やすく、同じように赤みが出て剥がれかけの細かい皮膚が付着をします。
慢性的な経過になりやすいことから、早めの皮膚科受診が必要です。

Page Top