前へ
次へ

医療保険の適応される治療とされない治療

病院や歯科医院に通う際に気になるのが治療や薬代などに掛かってくる医療費です。
医療費は原則的に国民健康保険などの保険が適応されます。
保険が適応された場合、病院などの窓口で支払う金額は全額ではなくなります。
医療費などに対する個人負担の金額は対象者の年齢や家族構成など諸々の状況によって異なります。
一般的な成人男女の場合、窓口で支払う金額は30%になります。
医療保険が適応される治療は単純に怪我や病気の治療によるものです。
気をつけなければならないのが、美容や審美治療を目的とした治療の場合には医療保険が適応されません。
サプリメント類なども治療を目的とするか、栄養や美容の補助剤とするかによって保険が適応かどうか変わってきます。
歯の矯正などもそうです。
口腔外科的な治療なら高額医療となりますが保険を適応できます。
矯正の方法や歯科医院の施術によっては審美治療と分別される場合もあります。
医療保険の適応を受ければ満額の支払いを行わなくて構いません。
実際の治療が審美目的のものなら掛かりつけの病院などにきちんと相談する事がおすすめです。

Page Top