前へ
次へ

医療事務の仕事の実像や資格について

医療事務は勤務する医院等で、患者に対する窓口役を担う仕事であると言えます。
事務として括られてはいるものの、受付等の接客に関連する要素が求められます。
専門的な内容に繋がる質問等があった場合には医療スタッフへ申し送りすれば良いので、高度な専門知識を強く求められる訳ではありませんが、精神的な安心感を与えられるキメの細かさを要求されるような側面があります。
一方、事務的な業務としてはレセプトの作成等が挙げられます。
診療報酬の請求に大きく関わる業務で、間違いの発生が経営に直接影響する可能性もある事から、従事するにあたっては強い責任感が必要です。
必須となる国家資格等は設けられておらず、専門性は実務を通して習得する事も可能ですが、責任を果たす役割への期待から民間資格の取得の有無が採用時には重視される事も多くなっています。
接客スキルの教授に対応した資格も多く、未経験者が就業前に資格取得を目指す事も多い分野です。

Page Top