前へ
次へ

筋肉の影響する腰痛を知っていくこと

日本人が悩まされることが多い腰痛ですが、原因が様々でひとつに絞ることができない不思議な関節といえます。
腰痛というのはなんとなく腰が痛いというものから、椎間板ヘルニアや腰椎すべり症などの症状として危険なものまで幅広くあります。
そのために診断されると、安静にして湿布だけから、手術を必要とするものまで原因や経過が大きく変ってくるのも特徴です。
軽度の腰痛では痛みがあったりなかったり調子の善し悪しがその日によって違うことも多々あり、立ち仕事をやりすぎると腰が痛い人や天気が悪いと痛い人もいます。
健康障害を招いている腰の痛みは、基本的には腰椎が影響していることや、支えている筋肉の影響も考えられます。
腰椎は4番5番が神経的に影響している可能性があり、筋肉は脊柱起立筋や大腰筋なども関係することがあります。
特に大腰筋などは足を上げるときに使われる筋肉なので、意外に感じる人もいますが、実は東洋医学では大腰筋は腰痛の原因とされています。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren2set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top