前へ
次へ

歯周組織の病気の歯周病はチェックで発見を

歯周病原因菌が原因となって発症する歯周組織の病気が歯周病であり、歯茎だけが腫れるのは歯肉炎の症状です。
そのため炎症冴え治まることで、いつもの状態に戻りますが、歯周炎になるとそうはいきません。
天然歯は骨により支えられていますが、その骨にまで症状が出ているためです。
歯周病でも歯周炎になったときには、歯科医院へ通い歯科治療を受ける必要があります。
最初は痛みを感じないので気が付きにくいですが、深刻な症状になると痛みが強くなるので、日々の歯磨きとチェックも必要です。
口腔内を見て赤く歯茎がただれていたり、晴れているようなら要注意であり、歯周病の症状が出ています。
粘膜病変の可能性も秘めていますので、歯科医院の受診をすることです。
強すぎる力での葉のブラッシングが要因となることもありますし、歯の根の部分の病気やカンジダ症のカビなどでただれることもあります。
歯茎から出血をすることがありますが、これも歯肉炎の可能性が高くなります。
歯を支える骨に強いダメージが加わって起こるのが歯肉炎であり、歯茎だけが腫れるのも特徴です。

Page Top